お問い合わせ
Kaz Kato (キーボーディスト・プロデューサー・アレンジャー)

MUSICIAN

Kaz Kato (キーボーディスト・プロデューサー・アレンジャー)

4才の頃よりピアノを習い始める。

高校卒業後、黒人ファンク・R&B バンドに参加し、沖縄の米軍キャンプ等で活動。90年、Ray Parker Jr. のプロデューサーでベーシストのDarek Jackson Band に参加したのをきっかけに、Rufus & Chaka Khan のベーシスト、Bobby Watson Band に参加。
同年 、 カルロス・トシキ、もんたよしのりのツアーに参加。91年にはフュ−ジョンバンド「スクエア」のサックス奏者、伊東たけしのソロ活動に参加。
同年夏ゴスペルシンガー Gerri Hollins の来日公演に参加する。
93年、ケルン交響楽団の首席オーボエニスト、宮本文昭のアルバム" SOUL BLUE "に、コンポーザー、キーボーディスト、アレンジャーとして参加する。
95年以降は上田正樹をはじめ、Melodie Sexton、杏里、谷村有美、露崎春女、平井堅、Misia、佐藤竹善、Fayray、Elisha La'Verne、山下久美子、藤岡正明、織田裕二など多数のアーティストのツアーやレコーディングに、キーボーディスト、アレンジャーとして参加。
93年、ゴスペル音楽を学ぶため、ジョージア州アトランタに渡る。
その後同市の黒人教会のオルガン奏者として活動し、同時にStella Award でBest Female Gospel Singer に選ばれたDottie Peoples の全米ツアー及びレコーディングに、キーボーディスト、アレンジャーとして参加する。
翌年、クリントン大統領のアトランタ訪問歓迎式典にて演奏する。帰国後、Connecticut Heavenly Mass Choir の来日公演に参加。
2002年12月、初のソロアルバム" I Promised The Lord "をリリース。2003年、Ricky Lawson の来日公演に参加。同年、2作目のアルバム " Play In The Spirit " をリリース。
2007年、マイケルジャクソンの来日イベントに参加。2010年、L.A.のスムースジャズミュージシャン達をゲストに迎え、3作目のソロアルバム「Great Is Thy Faithfulness」をリリース。
2018年、Take6のメンバー、Claude McKnightの来日公演に参加。現在はMay J.のツアー 、EXILE ATSUSHIのレコーディングに参加しながら、日本各地でゴスペルクワイアやゴスペルピアノの指導を続けている。

↑Pagetop